脱毛ラボ 香川

手術をしない多汗症の治療方法

汗をたくさんかく多汗症の症状を治したいという人はたくさんいますが、手術に頼らずに多汗症は何とかなるでしょうか。多汗症を治療したいと思ったらまず皮膚科にかかりましょう。皮膚科で多汗症の状態を調べてもらうことが大切です。手術をするのはあくまでも最終手段です。手術をしない治療方法としてはいくつかあります。汗腺から汗がこれ以上出てこないように、塩化アルミニウムをつけるという治療法が、皮膚科では行われています。ワキや手のひらなど局所的な多汗症対策として効果的です。傷がある箇所や粘膜付近には使用することができません。イオンフォーレシスといって汗が気になるところに、通電させて汗を止める方法もあります。通電する前に、汗の出方を押さえたい場所に、水道の水をつけます。効果が出るまでに最低でも2週間ほどかかりますので、忍耐強く継続することが必要です。週数回の治療を中止すれば、数か月で再発してしまうこともあります。この頃は、多汗症の治療を行うための装置を通販で注目できるようになり、国内でも多汗症の治療方法の選択肢がふえているといいます。多汗症治療は内服薬で行うこともできます。過剰に働く交感神経の動きを抑えるのを目的にした薬です。多汗症治療には手術以外の方法もいろいろありますので、病院で相談してみると良いでしょう。

 

トップページに戻る